ホワイトニングの種類と費用とは

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

歯科医院でのホワイトニングの流れ

歯科医院にホワイトニングの予約をして、通院が始まると、歯科医院で最初に問診があります。
歯の色などに関する希望などを聞かれます。
そしてお口の中の全体を診られます。
むし歯や歯周病等がある場合は、ホワイトニングをする前に治療をしなくてはいけません。
知覚過敏の症状の歯があれば、ホワイトニングによる痛みが出る可能性もあるため、施術ができない時もあります。
診た後に、歯が変色した原因や希望などを考えた上で、オフィスホワイトニングやホームホワイトニング、もしくは両方を併用するなどの選択肢の相談をされます。
その後、クリーニング専用の器具を使って、歯の表面の着色や汚れを除去していきます。
歯の状態の写真撮影などを行い、施術前の歯の色を記録しておきます。

施術する歯科医院で様々

オフィスホワイトニング をする場合は、 薬剤の塗布をします。
歯肉を保護してから、歯にオフィスホワイトニングの薬剤を塗布します。
高度な技術で特別な光やレーザーを照射する施術があります。
歯科医院でのオフィスホワイトニングは、強い薬剤を使用して歯の色素を分解していき、歯を白くします。
オフィスホワイトニングの薬剤を塗布するのみでは、歯の色素分解に時間がかかるため、特別な光やレーザーを照射することから短時間で歯を白くできます。
オフィスホワイトニングの薬剤を除去して、塗布した薬剤を綺麗に洗い流すことが行われます。
希望の歯の色のために、繰り返します。
ホームホワイトニングは、マウストレー作製のため、歯の型を取ることからです。
マウストレーが後日完成した時、自宅でのホワイトニングの方法などについての説明がされます。
その日以降、数週間自宅でホワイトニングを自分でします。