ホワイトニングの種類と費用とは

歯を白く施術

銀歯の治療

歯の黄ばみやくすみや歯並びの悩みは、いつも気になってしまうことです。
銀歯などでもお口を開けた際に目立ってしまうと思い込んで、思うようにお口を開けにくくなっていませんか。
歯を白くしたいという気持ちは誰にでもあります。
白いセラミックの歯は、歯の色なども選べ、艶なども自然の歯に近いので、審美性が必須な部位の前歯などにも治療に最適です。
セラミックの歯のメリットは、見た目と強度と金属でないことにあります。
銀歯での虫歯治療のデメリットは近頃多く指摘されています。
金属製の補綴物(ほてつぶつ)の銀歯は、実際には銀ではありません。
歯科用の金属には複数の種類があり、健康保険の適用の治療においては、金銀パラジウム合金という貴金属系の合金がよく使われて治療されています。
金銀パラジウム合金は、金と銀とパラジウムと銅とインジウムなどを含有する金属で、安価で強度があります。

アレルギーなども

歯科での金属アレルギーは、銀歯などの金属が唾液に溶けイオン化し、体内に入りタンパク質と結合などによって異物(アレルゲン)となって起こってしまうアレルギー反応です。
銅やパラジウム以外に金や銀のアレルギーの人もいるので、銀歯の治療でアレルギー症状が起きる人もいます。
銀歯や金属製のフレームのある差し歯などの治療をした場合に、金属イオンが溶け出し、歯茎に沈着することもあります。
歯と歯茎の境目に黒い線ができるブラックラインがみられる時があります。
歯茎が下がったり歯根が露出してしまうとブラックラインが目立ちますので、審美性の必須な前歯などの治療には注意が必要です。
二次カリエスは、以前に虫歯治療した歯に再度できる虫歯のことです。
詰め物や被せ物の治療に使った銀歯の金属の酸化で、歯と銀歯の間に隙間ができることが、虫歯が再びできる二次カリエスの原因とされています。