ホワイトニングの種類と費用とは

セラミックの審美性

審美性の考え方

テレビなどでよく見かける綺麗な口元の、すべて真っ白な歯の人の施術は、歯を小さく削って白い人工歯を被せるホワイトセラミックという材料で可能です。
セラミック治療のメリットは、自分の歯と変わらないので目立たないことが嬉しいことです。
健康保険の適用の治療対象となるプラスチックとは違い、自然の歯に近い色や透明感や艶があり、前歯でもOKです。
セラミックは劣化が起こらず、ほとんど変色もなく虫歯にもなりません。
銀歯と比較すると、二次カリエスが少ないのが特長で、長く使い続けられます。
身体への影響が少ないセラミックは、銀歯の治療に比べても金属アレルギーの心配もありません。
またブラックラインなどのような歯茎の色の心配もありません。

技術に追いつく

銀歯には表面に細かい傷がつくことがあり表面に汚れがつき易くなりますが、セラミックは強度があり傷つくこともないので汚れもつきにくい。
歯型の模型からのスキャナーで読み取ったデータを元にして、機械で設計や製作した補綴物は、精度が高くて歯にぴったり合わせられるので、その結果虫歯になりにくいメリットがあります。
セラミックやハイブリッドセラミックの他に、ジルコニアやガラスセラミックもあります。
人工ダイヤで有名なジルコニアは生体親和性に優れ強度が非常に高く、噛む力がかかり易い奥歯やオールセラミックのフレーム等に使用されます。
ガラスセラミックは、まだ新しい素材で強度が高くて、摩耗性が高いことで噛み合わる時の自然の歯を痛めません。